【キャリア図鑑】事務職

事務職とは

一言でいうと事業に関連する事務作業をする職種となりますが、担当する領域において一般事務、営業事務、総務事務、法律事務などに様々に分かれております。

一般事務


事務として最初にイメージされるのは一般事務かもしれません。書類作成、書類管理、郵送業務、受付対応、データ入力業務などが一般事務の代表的な仕事です。

営業事務


一般事務よりも営業職をサポートする側面が強くなります。営業活動といっても顧客折衝だけが仕事ではありません。営業のための資料準備や、商品の在庫管理、見積書作成、請求書作成、契約書作成、電話やメールでの顧客へのサポートを担当するのが営業事務です。

総務事務


会社のインフラを支える総務。その総務内での事務仕事を担当するポジションです。ただし総務の多くは事務作業のため総務=総務事務と捉えても大きいギャップはありません。備品管理や規定やルールの策定、設備の管理、社員イベントの運営準備といった業務を担当します。

法務事務


弁護士事務所などで働く法的知識が求められる事務職です。法的知識が必要な登記申請や取引に関する事務作業を行います。ときには社員と弁護士の間に入って各種調整をしたりと高い調整能力が求められる場合もあります。

事務職の年収は?

専門性によっても変動しますが、300万円-400万円の年収であることが多いです。

事務職に転職するには?

事務職に強い人材紹介エージェントや転職サイトに登録するがおすすめ!

ご紹介するサービスは大手ゆえの求人票の豊富さや特化型だからこそ高いマッチング制度を期待できます!

リクルートエージェント

パソナキャリア

SYNCA