【キャリア図鑑】ITエンジニア

ITエンジニアとは

ITエンジニアとは主にWebサービスの開発に関わる職種です。プログラマー、システムエンジニア、インフラエンジニア、フロントエンドエンジニアなど様々な担当に細分化されます。高度な専門性が求められることで市場価値が高い一方、常に最新技術を習得するなど自身のスキルを伸ばす必要があります。


プログラマー


プログラマーはその名の通りプログラムを作成していくことがメインの職種です。プログラムを作成することは実装やコーディングとも言われます。
プログラムの作成にはプログラミング言語の記述が必要になりますが、プログラミング言語にも多くの種類が存在しています。
代表的な言語はJava、PHP、C言語、Pythonと呼ばれる言語です。
顧客折衝などを担当することは少なく、いかに早くミスなく質の高いプログラムを作成することが求められます。


システムエンジニア


プログラムを作成するのがプログラマーですが、どういったプログラムを作るのかを決めるのがシステムエンジニアです。顧客や事業責任者から作成したサービスの詳細をヒアリングして、どういった機能が必要か、その機能をどのような考え方で実現するかとったことを考えて形にしていきます。設計書としてドキュメントに残すこともありますが、近年はアジャイル開発と呼ばれる開発手法も増えていることもあり、システムエンジニアとプログラマーの境がない組織もあります。


インフラエンジニア


サーバやネットワークと言われるシステムの土台になる領域を担当するエンジニアです。プログラムを動かすためにはネットワーク環境やサーバ環境を準備する必要あります。どんなによりプログラムを作成しても動かせる場所がなければ機能しません。そういった環境作りをする縁の下の力持ちがインフラエンジニアです。


フロントエンドエンジニア


主にサービスを利用するユーザーが見たり操作する画面の機能を開発します。ボタンを押したときの動きや、時間経過で背景を変化させたりする仕組みをJavaScriptという言語などを使って作成していきます。近年は表現が多彩な画面を持つサービスも多くあるためニーズが高い職種になります。

ITエンジニアの年収は?

経験が浅くても年収が400万円を超えることもある高年収の職種です。ハイスキルと呼ばれるエンジニアであれば1000万円を超えることもあり将来性があります。

ITエンジニアに転職するには?

ITエンジニア職に強い人材紹介エージェントや転職サイトに登録するがおすすめ!

ご紹介するサービスは大手ゆえの求人票の豊富さや特化型だからこそ高いマッチング制度を期待できます!

マイナビITエージェント

レバテックキャリア

Findy