広告代理店でもWeb制作会社でもない。新しいかたちのデジタルエージェントを目指して

アルビド・ジャパン株式会社

アルビド・ジャパン株式会社

プロジェクトマネージャー

大手広告代理店グループのマネジメントクラスが中心となって2016年1月に設立されたアルビド・ジャパン。

同年10月には神保町に新オフィスを構え、リサーチから企画、システム構築、クリエイティブの開発まで幅広いソリューションを提供しています。そんな同社では現在、プロジェクトマネージャーを募集中。

同社のビジョンや働く上での魅力を、経営陣や現場のスタッフに聞きました。

ゲスト

  • 齋藤さん

    齋藤建さん

    代表取締役CEO

  • 茂木さん

    茂木洋さん

    取締役CDO

  • 今朝丸さん

    今朝丸洋平さん

    プロジェクトマネージャー

  • 小澤さん

    小澤奈津子さん

    プロジェクトマネージャー

  • 井上さん

    井上奈織子さん

    人事

お客様の要望をエッジの効いたソリューションで返す




田尻亨太

田尻亨太

まず、アルビド・ジャパンを立ち上げた経緯から伺ってもよろしいでしょうか。

齋藤建

齋藤建 さん

僕も含めたうちの経営陣は、もともとアイソバー・ジャパンという会社で一緒に働いていたんですね。

前職の電通グループ内で大きなアカウントを電通直下で担当したり、クライアント直の案件を担当したりしていたんですけど、2016年にグループ会社間で統合があり、いまの「電通アイソバー」ができました。

そのタイミングでより小さい組織で機動力を活かしたビジネスを展開したいと思い、アルビド・ジャパンを立ち上げました。

田尻亨太

田尻亨太

なるほど。アルビド・ジャパンの事業内容はどんなイメージでしょうか?

齋藤建

齋藤建 さん

もともと僕も副社長の茂木もデジタル畑で制作やマーケティング領域の経験を積んできているので、アルビド・ジャパンのビジネスもその延長線上にあると思っています。Webサイトやデジタルの施策を企画設計したり、開発したりするのがメインの事業なんですけど。

ただ「言われたことを確実にやります」みたいな、いわゆる普通のWeb制作会社にはなりたくなくて。色々トライできる関係性をお客様と一緒につくっていけるようになりたい。

だから、あまり自分たちのことを「Web制作会社です」とは名乗っていないんですね。

田尻亨太

田尻亨太

その中で御社はどんなポジションを狙っているのでしょうか?

齋藤建

齋藤建 さん

ここ最近、デジタルマーケティング領域がものすごく複雑になっていて。企業の担当者のやることが増えているし、技術革新のスピードも速くなっている。スマホとか、IoTデバイスとか、SNSとか、アドテクノロジーの進化とか。

最近だとAIを活用したマーケティングなんかも出てきてより複雑さが増している。

田尻亨太

田尻亨太

たしかに。トレンドをキャッチするだけでも大変な世界ですよね。

齋藤建

齋藤建 さん

そうですね。ここまで施策が細分化されてくると、お客様も何をやっていいのかわからなくなる。取りまとめるプレイヤーがいないが故に上手くいかないプロジェクトは、これまでたくさん見てきました。

田尻亨太

田尻亨太

企業のマーケティング担当者は誰を頼っていいのか分からないですよね。

齋藤建

齋藤建 さん

例えば、既存のデジタル領域のプレイヤーも、コンサルティングファーム・広告代理店・SIerと、Web制作会社以外にも多様化している。それぞれの得意領域で施策をプランニングしているけど、結局最終のアウトプットのところに責任を持つチームが必要だと思うんです。

その真ん中に位置するプレイヤーの不在がそもそもお客様のフラストレーションになっている。ちゃんと施策のハブになれるプレイヤーが少ないことは以前から課題に感じていました。

田尻亨太

田尻亨太

分かります。

齋藤建

齋藤建 さん

だから、僕らはデジタルビジネスに関わるあらゆるプレイヤーを「つなぎ」、施策実行をサポートするポジションになりたい。特に「実行していく」ことから僕らは逃げてはいけないし、「僕らに相談してくれるお客様が何に困っていて、どうすれば解決するか」というのをシンプルに一生懸命考えていきたい。

僕らが提供できる解決手法はデジタルですが、全ての課題がデジタルだけで解決するとは思っていないので、そこは別のところと組んで解決策を考えていく。それをお客様と一緒に考えられる、本当の意味での「パートナー」になりたいと思っています。





田尻亨太

田尻亨太

ありがとうございます。続いてクリエイティブを統括している茂木さんにお伺いしたいのですが、制作側から見た御社の強みってどんなところにあると思いますか?

茂木洋

茂木洋 さん

僕らのクリエイティブは一見地味なんですけど、ビジネスにはすごく影響力がある。自分たちがつくったものにどんな効果があり、お客様のビジネスがどうスケールしたか、手応えがダイレクトにわかる。

結果を見ながらPDCAを回していけることが僕らの強みであり、仕事の醍醐味だと思います。

僕らが手がけているデザインとはあくまでビジネスにおける情報設計。お客様のビジネスをどう円滑にしてスケールさせるかが大切で。

「ここにこんな情報を入れた方がいい」「こんな見せ方をした方がユーザーにとってわかりやすい」ということをまじめに考えている点が特徴だと思います。

田尻亨太

田尻亨太

デザイナーだと「カッコいいものをつくりたい」という気持ちが先行してしまいがちですが、そうではないと。

茂木洋

茂木洋 さん

そうですね。僕らはデザイナーにもお客様の期待値や予算、目指すべきリードやCVなどのKPIも全て共有しているので、ビジネス感覚が養われると思います。

田尻亨太

田尻亨太

ビジネスサイドのことも理解したクリエイターって強いですよね。ちなみに現状の課題感を踏まえた上での展望などがあればお聞きしたいです。

齋藤建

齋藤建 さん

課題としては、まだまだ新しい会社なので、僕らが世の中的ににまったく認知されていないことでしょうか。

この前オフィスの移転パーティーをやったときに、パートナーさん向けに挨拶をしたんですけど、その時「アルビド」という言葉をこれまで聞いたことがある人はほとんどいなかったと思います。

アルビドってもともと「天体の外部からの入射光に対する、反射光の比」という意味なんですけど、自然化学の領域の話なので値は変化しているみたいなんです。

僕らもそんな風に変化し続ける組織でありたいし、クライアントからの要望という光を、よりエッジの効いた解答(ソリューション)として返していきたい。

田尻亨太

田尻亨太

社名にはそんな想いが込められているんですね。

齋藤建

齋藤建 さん

僕らって結局、自分たちだけでは何も完結できないんですよ。社員は20人ちょっとしかいないし、すべての分野のスペシャリストが揃っているわけではない。お客様のデジタル上の課題は広いし、いろんな人、組織の力を借りないと解決できない。

そういった意味では僕らは制作会社であり、代理店でもある。組織をまたいだ柔軟なチームでお客様の課題解決をしていきたいと思っています。


田尻亨太

田尻亨太

なるほど。

齋藤建

齋藤建 さん

僕らはプロジェクトマネジメントをやる以上は、プロとして最後まで責任を持たないといけないし、結局はヒトで成り立つ仕事をしていると思っています。

そういう意味で単なる「エージェンシー(代理店)」ではなく、明確な個を持つ「エージェント(代理人)」の集団を目指しています。

シンプルに言うと、例えばお客様と同じ目線でビジネスを考えられるプロジェクトマネージャーが一人いれば、うまくいくプロジェクトが増える。僕らはそういった組織を会社単位で実現できればいいなと思います。