純粋に“好き”を追求する

coromo-cya-ya(株式会社CAMISIA)

coromo-cya-ya(株式会社CAMISIA)

アパレルスタッフ / カフェスタッフ

吉祥寺駅から徒歩2分。古びたビルの2階に上がると、アパレルショップとカフェが一体化した“異空間”があらわれます。デザイナー中臣美香さんが手掛ける洋服とセレクトされたアイテムを見ながら、おいしいタルトや紅茶をいただけるお店「coromo-cya-ya」です。

そんなcoromo-cya-yaでは現在、アパレルスタッフとカフェスタッフを募集中。

大きな窓から光が差し込むお店に伺って、オーナーの中臣さんご夫妻、カフェスタッフの坂本さんに、熱い思いを聞いてきました。

ゲスト

  • 中臣さん

    中臣幸次さん

    代表取締役

  • 中臣さん

    中臣美香さん

    取締役・デザイナー

  • 坂本さん

    坂本恵子さん

    カフェスタッフ

「best」か「bad」で決める



望月亜希

望月亜希

「衣」「食」を融合した、とても素敵なお店ですね。美香さんはもともと、アパレルも飲食も経験があったのですか?

中臣美香

中臣美香 さん

はい。洋服をつくる仕事をしたくて、はじめはシャツメーカーに入りました。でもそこでは企業デザイナーとして働いていたので、自分が「いいな」と思わないものも作らないといけなくて。ずっと違和感を抱えながらも、忙しく働いているうちに疲弊してしまったんです。

「一生の仕事にしよう」と思うくらい洋服が好きだったのに、それを着ること自体が楽しくなくなってしまって。嫌いになるくらいなら…と思い、いったんアパレル業界から離れることにしました。

望月亜希

望月亜希

その後、カフェの世界に?

中臣美香

中臣美香 さん

シャツメーカーで働いていた頃、忙しい生活の中で食べることの大切さを痛感して。人は食べないと生きていけないし、食べたものによって自分が変わるのを感じて、「食ってすごい!」と思ったんです。

それからカフェで働きはじめたのですが、そこではお客様の反応をダイレクトに感じられる。これまで知らなかった世界が見えました。

望月亜希

望月亜希

なるほど。





中臣美香

中臣美香 さん

食材を扱うのもすごく面白くて。気がつくと、洋服づくりで感じていた「楽しい」の感覚と重なるようになっていました。「シャツをつくりたい」という気持ちも自然と取り戻して。

今度こそ、きちんと自分のつくりたいものをつくろうと思い、まずは食と洋服とをつなぐアイテムとして、エプロンをつくりました。

望月亜希

望月亜希

そのときはまだ、ご自身のブランドやお店は構えていなかったんですよね?

中臣美香

中臣美香 さん

はい。個人オーダーは少しだけ受けていたのですが、もしかして「衣」「食」を一緒にやったらよろこんでくれる人がいるんじゃないかな?と徐々に感じるようになって。洋服を買えて、お茶も飲めるお店をやりたいと思いました。

望月亜希

望月亜希

そこで、今のcoromo-cya-yaのかたちが見えて来たんですね。

ショップもカフェも、扱っているものこそ違いますが、根底にあるものは同じな気がします。

中臣幸次

中臣幸次 さん

何かを決めるときは、「better」でなくて、「best」か「bad」なんです。手間やコストで妥協しない。

中臣美香

中臣美香 さん

よく「こだわりが強い」と言われるのですが、それにはちょっと違和感があって。たとえばカフェメニューにはきび砂糖を使っているのですが、それも「体にいいから」ではなく、ただ純粋に自分が「おいしい」と思うものを提供したいから。



望月亜希

望月亜希

純粋に“好き”を追求した結果なんですね。

坂本恵子

坂本恵子 さん

でも、考え方が凝り固まっているというわけでは決してなくて。ひとつひとつ、きちんと納得した上で前に進むんです。

中臣幸次

中臣幸次 さん

スタッフはみんな、普段から表面的なことだけでなく、本質的なものとしっかり向き合いながら生活している。そこは私自身の刺激にもなっていますね。

望月亜希

望月亜希

そういう意識をみんなで共有できるのっていいですね。





中臣幸次

中臣幸次 さん

以前、美香さんとオリンピックの柔道の話をしていて、私が何気なく「日本勢、メダル取れないね」って言ったんです。すると美香さんが「オリンピックに出られていること自体がすごい。結果ではなくて、まずはそこを称えるべき」と答えて。私は、「自分はなんてひどい人間なんだ」と反省しました(笑)

そうやって本質的に大切なものを自然とわかっているからこそ、coromo-cya-yaの雰囲気もかたちづくられているのだと思います。

望月亜希

望月亜希

まっすぐに物事を考えるって難しいことだと思うんです。でもそういう人が、coromo-cya-yaのスタッフとして集まっている。お話を伺っていても伝わって来る、みなさんのまっすぐで純粋な思いが、そうさせているような気がします。