ITとデザインを軸に物事の可能性を引き出す

株式会社FMC

株式会社FMC

プランナー・ディレクター / Webデザイナー・コーダー / 事務スタッフ

Webサイト制作を軸に、ブランディングやマーケティング、ノベルティ制作など、その後の運営サポートまで一貫して担っている「株式会社FMC」。

サイトを作って納品したら終わりではなく、その後もクライアントと密に関わっていく中で大切になるのがコミュニケーション。そこから思わぬアイデアが生まれ、物事が広がりを見せることも多いのだそう。

今回は、Web構築やデザインの経験がある人はもちろん、クライアントに改善策を提案したり、新しくお付き合いできるクライアントを見つけたりするのが得意な人、さらには事務作業に精通している人も幅広く募集しているとのこと。

現在の主な仕事内容から、最近新たに始めたという音楽事業のことまで、代表の安東裕二さん、取締役の熊田裕一さんに伺いました。

ゲスト

  • 安東さん

    安東裕二さん

    代表取締役

  • 熊田さん

    熊田裕一さん

    取締役/テクニカルディレクター

Webサイトはあくまで“ツール”

相澤なつ乃

相澤なつ乃

今回は募集職種を限定せず、幅広く人材を募集したいということですが。まずは御社の現在の事業内容についてお伺いできますか?

安東裕二

安東裕二 さん

ひとことで言うと、Webサイトに関するお手伝い全般をしています。Webサイトを作って納品したら終わりではなく、そのサイトを使ってどのようにマーケティングするのかまでをクライアントに提案し、一緒にプロジェクトを遂行していきます。

熊田裕一

熊田裕一 さん

いわゆる“Web制作会社”や“デザイン会社”とはイメージが違うかもしれません。Webサイトはあくまでブランディングのためのツールであって、クライアントと二人三脚で運用していくことに重きを置いています。



相澤なつ乃

相澤なつ乃

御社はノベルティの制作もしていますが、それもブランディングの一環として派生した事業なのですか?

安東裕二

安東裕二 さん

そうですね。例えば会社や店舗を立ち上げる時って、名刺が必要になって、Webサイトが必要になって、会社案内とか、飲食店ならメニューや看板も必要になるんです。

でも世の中にはデザイン会社がたくさんあって、それぞれどこに頼めばいいのかって、結構難しいんですよね。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

本当ですね。

安東裕二

安東裕二 さん

当社はWeb構築が主体ではあるけれど、Webを使った集客体制をどう作っていけるかをクライアントと一緒に考えながら、マーケティングに関わる制作物はワンストップで作ることができる。そこが強みだと思っています。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

御社の経営理念である「ITとデザインで世の中に豊かさと遊び心を。」という言葉についても伺えますか?

安東裕二

安東裕二 さん

はい。まずは、僕たちがなぜWeb制作やその後の運用のお手伝いをしているのかというところに繋がるんですけど。

普段生活している日常の中でも「わかりにくいな」「難しいな」と感じることって結構あると思うんです。

例えば僕は学生の頃、少し電気屋さんでアルバイトをしていたことがあるんですけど、電気屋って専門用語に溢れていて、そういうのに詳しくないお客さんにとってはかなりストレスなんですよね。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

確かに、私も苦手です…。

安東裕二

安東裕二 さん

でもそんな時、お客さんに普段の日常にある言葉で噛み砕いて説明してあげると、一気に話が入っていくんです。

こうやってみんなが生活しやすいように、見せ方とか仕組みの部分で工夫してわかりやすくすることが、最終的には世の中をよくすることに繋がるんじゃないかなと思っていて。

それがまさに、自分たちがWeb制作や、その後の運用のお手伝いをしている理由でもあるんです。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

なるほど。今の世の中、物事をシンプルにわかりやすくするにはITとデザインが不可欠ですもんね。



安東裕二

安東裕二 さん

Webサイトを作ったり、その後どうやって効果的に運用していくのかを考えたりするのって、つまりは相手の特性を見極めてその良さを引き出すということなんです。だから、コミュニケーションやヒアリングがすごく大事になってくる。

そうやって人と人との繋がりをしっかり築いて、関わる人たちがチームになって、みんなが活き活きと輝けるようになればいいなと思っています。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

私が依頼する立場だったら、そういう風に考えてくれているとすごく安心します。

安東裕二

安東裕二 さん

ありがとうございます。実際、長くお付き合いさせていただいているクライアントも多くて。手前味噌ですが、制作物はもちろん、クライアントとの向き合い方を評価していただいている部分もあるのかなと思っています。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

そうですね。

安東裕二

安東裕二 さん

もともとはWeb制作だけの依頼だったけど、継続的な関係性を築くことで「一緒に何かやりましょう」と共同でプロダクトを制作したり、新しいプロジェクトに広がることもあるんです。これが“遊び心”の部分で。

あくまでメインはWeb制作やブランディングなんですけど、今後もそれを主軸にして柔軟に広がっていけたらいいですね。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

すごく素敵です。でも、毎日の業務がある中で、その“遊び心”を忘れないでいられるのってなぜでしょうか?

安東裕二

安東裕二 さん

やっぱり、人と関わるのが好きなんだと思います。

この仕事って、いろんな業種と関わりが持てるんですよ。昨日は美容室のサイトを作っていたら、今日は芸能プロダクションのサイトを作って、明日は歯医者さんのサイトを作る…というように。内部に入らせていただくことで、時にはその会社のスタッフさんよりそのサービスに詳しくなることもあります。

クライアントのWeb事業部をまるっと引き受けているような感じなので、実はいろいろな会社と深く関われるんです。だから、言い方は悪いかもしれないんですけど…。実は、“飽きっぽい人”に向いているかもしれないです。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

飽きっぽい人ですか。

安東裕二

安東裕二 さん

もちろん、一つ一つとしっかり向き合えるのが前提ですよ(笑)

でもやっぱり、クライアントごとにカラーが全然違うので面白いですよね。打ち合わせから帰ってきて、「今度オープンするあの飲食店、僕らはどんな風にデザインできるかな」なんていう会話を社内でもよくしているので。

そうやってワクワクするようなことを考えられるのも、この仕事の醍醐味ですね。