業界の常識を超えていく

株式会社オレンジハウス

株式会社オレンジハウス

ライフスタイルプロデューサー / 不動産プロデューサー

株式会社オレンジハウス

株式会社オレンジハウス

ライフスタイルプロデューサー / 不動産プロデューサー

中古住宅のリノベーションや、デザイン性の高い新築住宅はもちろん、土地探しから家具、インテリアまでもプロデュースし、お客様にライフスタイルを提案するオレンジハウス。

同社では役職や肩書き、ルールやマニュアルを設けず、個々がフレキシブルに動くことで、仕事を通じて成長していける環境が整っています。

今回は、お客様の思いを引き出し、理想の暮らしをかたちにしていく「ライフスタイルプロデューサー」を募集。

社長の中戸川豊さん、ライフスタイルプロデューサーとして活躍する栗林衆さん、飯田碧さん、山本真純さんに、お話を聞きました。

ゲスト

  • 中戸川さん

    中戸川豊さん

    代表取締役

  • 栗林さん

    栗林衆さん

    ライフスタイルプロデューサー/不動産プロデューサー

  • 飯田さん

    飯田碧さん

    ライフスタイルプロデューサー

  • 山本さん

    山本真純さん

    ライフスタイルプロデューサー

今は“セレクト系”住宅の黎明期?

相澤なつ乃

相澤なつ乃

本日はよろしくお願いいたします。さっそくですが、会社立ち上げの経緯をお伺いできますか?

中戸川豊

中戸川豊 さん

もとは実家が建材問屋を営んでおり、私は25年ほど前に父から会社を引き継ぎました。そのタイミングでリフォーム部門を独立させて設立したのが「オレンジハウス」です。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

中戸川社長ご自身は、お父様から会社を引き継ぐ以前も建築や住宅に携わっていたのでしょうか?

中戸川豊

中戸川豊 さん

いいえ、それまではまったく異業種の仕事をしていました。

会社を引き継ぐにあたり業界のことを学んでいったのですが、知れば知るほど、どんどん違和感を覚えていったんですね。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

違和感ですか。

中戸川豊

中戸川豊 さん

業務がとにかく縦割りされているんです。「この人はここまでしかやらない」「ここから先は違う人がやる」というようにみんな変に気を使い合って、決められた範囲のことしかやらない。

でもお客様からしたら「きちんと家が建ってしっかり引き渡される」というところがゴールなのに、業界の変な慣習のせいでベストなゴールから外れてしまうのっておかしいと思ったんです。

私は異業種から参入したこともあり、お客様目線で物事を考えていくうちに「業界の常識にとらわれていてはいけない」と考えるようになりました。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

それが、御社が採用コンセプトに掲げている「常識を超えろ。」というところに繋がるのですね。

常識にとらわれず、常にお客様目線で物事を考える中戸川社長ですが、今の住宅業界をどのように見ていらっしゃいますか?

中戸川豊

中戸川豊 さん

当社でもリフォームやリノベーションを手掛けてはいますが、今は新築住宅のほうがお客様が求める住宅像に合っているように思います。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

新築住宅ですか。なんだか高くつきそうだし、手頃な価格に抑えようとすると、オリジナリティのあるデザインを取り入れるのは諦めなければならないような気がします…。

中戸川豊

中戸川豊 さん

おっしゃる通り、一味違うデザインを取り入れるのであれば、10〜20年前なら私も「リノベーションしましょう」と提案していました。

でも今は、昔に比べて安価で質のいい建材が手に入るようになっています。ヘタにリノベーションするよりも、新築住宅を建てたほうが理想に近付けるし、価格を抑えられることも多いんですよ。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

そうなのですね。

中戸川豊

中戸川豊 さん

もちろん、よほど大切に住み継いでいる家なら話は別ですが…。

住宅って車に似ていて、ヴィンテージカーなど貴重なものはメンテナンスしながら乗り続けるけれど、20年前の大衆的な車であれば新車に乗り換えますよね。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

確かに、20年前の車に比べて性能も燃費も確実に改善されていますしね。

中戸川豊

中戸川豊 さん

それに加えて、今は家族の構成人数が昔よりも減っている。それなら、デザイン性の高い“軽自動車”的な、コンパクトで低価格な家を建てればいいんじゃない?という考えに、今は至っています。


▲2〜3人暮らしにちょうどいい、コンパクトサイズの戸建住宅も提案している

相澤なつ乃

相澤なつ乃

需要は時代によって変化しますもんね。

御社は社員の自主性にゆだねるところが多いと伺っていますが、それはなぜでしょうか?

中戸川豊

中戸川豊 さん

住宅を購入するマスマーケットは若い世代なので、私くらいの世代がいいと思うものとお客様がいいと思うものとの間には大きな溝があることが多いんです。

私もかつては住宅の企画やデザインを手掛けていましたが、今はやらないし、余計な口も挟まないようにしています。やっぱり、自分の色が出てしまうので。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

若い社員にとって、仕事を任せてもらえるというのはかなりのモチベーションアップに繋がると思います。その一方で、やはり経験も少ないですし、怖さを感じてしまうような気もします。

中戸川豊

中戸川豊 さん

確かにそうですね。でも、失敗を恐れる人は伸びないんです。だから社員には臆さずにいろいろな経験をしてもらって、たくさん失敗して、対応力をどんどん上げていって欲しいと思っています。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

なんと懐の深い…。

中戸川豊

中戸川豊 さん

当社には80人ほどの社員がいますが、各事業所には10人程度しかいないので、気軽にコミュニケーションを取るようにしています。

行き詰まっているような子には「こういう考え方もあるんじゃない?」「これも面白そうじゃない?」とアイデアを投げかけながら、やりたいことを見つけてもらえるようなヒントを伝えているつもりです。


▲八王子オフィス

相澤なつ乃

相澤なつ乃

世の中の変化とともに需要も日々変わっていくわけですが、今後の住宅業界はどのようになっていくとお考えですか?

中戸川豊

中戸川豊 さん

よく言われていることなのですが、衣食住の消費の流れって似ているんです。そして、“衣食”のほうが“住”よりも少し先を進んでいる。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

なるほど。

中戸川豊

中戸川豊 さん

“衣”のファッション業界で例えると、昔はデパートで服を買う人が多かったけれど、今はセレクトショップに並ぶ服やファストファッションを好む人のほうが多いと思うんです。

それと同じで、これからの時代はデザイン性の高いセレクト系の住宅や、“ファストファッション”的な建売住宅が残っていくように感じています。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

ありがとうございます。では最後に、今後どんな人材を求めているかを伺えますか?

中戸川豊

中戸川豊 さん

さきほどもお話したように、今の住宅業界は“セレクト系”主流の黎明期です。なので、「新しい業界のかたちを作っていこう」というベンチャースピリットを持った人が来てくれると嬉しいです。それと、既存の価値観に縛られない頭の柔らかい人も大歓迎です。

我々メーカーとしての役割は、お客様が求めているものを企画・デザインして、市場に問うことです。その時々の需要を感知して、それに合わせた提案をきちんとできる人が、お客様にもしっくり来るのではないかと思います。

相澤なつ乃

相澤なつ乃

中戸川社長、ありがとうございました。