「体験」という、無限の可能性をつくる仕事 

ソウ・エクスペリエンス株式会社

ソウ・エクスペリエンス株式会社

WEBデザイナー・グラフィックデザイナー・DTPデザイナー / WEBエンジニア

ソウ・エクスペリエンス株式会社

ソウ・エクスペリエンス株式会社

WEBデザイナー・グラフィックデザイナー・DTPデザイナー / WEBエンジニア

「個人の体験」にこそ価値がある



篠原舞

篠原舞

実はここに来てから気になっていたことがあって。たくさんの種類のお酒と…あと、バーカウンターがありますよね。これは一体…?

金丸稔

金丸稔 さん

僕がお酒好きで、「ちょっとバーをやりたい」って言って準備したものです。ここで飲み会をやったりするんですよ。ちなみにお酒は自分で持ち込んだものと、おねだりして買ってもらったものがあります(笑)。

篠原舞

篠原舞

そうなんですね!他にも社員発のイベントはあるんですか?

西村琢

西村琢 さん

なんか、ある?

星野衣美

星野衣美 さん

月に1回、金曜の夜にムービーナイトっていうのをやってます。大きいスクリーンで、良い音で、映画館みたいに映画を見たい!っていう意見が発端で、最初は数人だったのがどんどん増えてますね。毎月テーマを決めて、担当者がプレゼンターとして映画を決めて、上映会をしています。

篠原舞

篠原舞

楽しそう!やりたいことが自由にできる雰囲気、羨ましい…。

金丸稔

金丸稔 さん

基本的に社長が「良いじゃん」って言ってくれるので、やりたいことをやらせてもらってますね。

山村淳

山村淳 さん

やりたいことをサポートしてくれると言えば、エクスペリエンス軍資金制度はすごくおすすめですね。月に1回、何か体験をしたものに対して上限1万円までサポートするっていう仕組みがあるんです。

金丸稔

金丸稔 さん

スポーツ観戦をしたり、劇を見に行ったりしてますね。

山村淳

山村淳 さん

僕は、絵を習いに行きました。

篠原舞

篠原舞

それは、どういう目的で導入したんですか?

西村琢

西村琢 さん

体験ギフトを作ってる会社じゃないですか。体験施設とかに営業をかける専属のチームもあって、そこは体験に関する情報を感度高く集めているんです。でも、その人たちだけが楽しんでるっていう感じにはしたくないなって思ってました。

僕らが大事にする価値観に「興味関心主義」というものがあります。当たり前のことなんですけど、好きなことがあるなら、のめりこんだ方がいいじゃないですか。好きなことがない人は、あったほうがいい気がするし。

別にこの制度が商品化や営業に繋がるかとかは抜きにして、とにかく面白いと思うものをどんどん体験してきて欲しい。別に申請もいらないし、よほど違法性があることでない限り、NOと言わないですね。

解釈次第で色々なことに使えるんですよ。語学試験を受けるのに使ったり。本当はその使い方は想定してないですけど、日頃から「既存のものをどう使おうか」って考えること自体クリエイティビティが高まるじゃないですか。その方が、いい仕事ができる気がするんです。「新しい経験のきっかけ」は人生を豊かにすると信じているので。



篠原舞

篠原舞

羨ましい以外の感想がないです…。あまりにも良い話が続いてるので(笑)、逆にここが厳しいよっていう点はありますか?

金丸稔

金丸稔 さん

厳しいと思ったことはない。

星野衣美

星野衣美 さん

ないですね。

金丸稔

金丸稔 さん

でも、きっちり決められて、その通りにしてたい人には厳しいかもしれないですね。誰かが何かを指導してくれたりだとかってよりは、自分でやっていく感じなので。

星野衣美

星野衣美 さん

確かに「新しい商品を作る」ってなったら、もう丸っと全部担当させてもらえます。つまり、基本的に自分が作ったものに対して自分で疑うという客観的な視点が求められます。他人のOKが出たからOKではなく、「本当にこれで良いのかな?」と模索しながら自分で進んでいかないといけないなっていう。難しさはありますが、でも面白さもありますね。