「もっと魅力的に、もっと居心地よく」ブランドを一緒に創っていく仕事

株式会社クラスカ(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)

株式会社クラスカ(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)

販売スタッフ

株式会社クラスカ(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)

株式会社クラスカ(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)

販売スタッフ

東京・目黒のデザインホテルとして有名なCLASKAを母体としたショップ、CLASKA Gallery & Shop "DO"(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)。伝統の手仕事でつくられる工芸品から、デザイナーによる新しいプロダクトまで。今の日本の暮らしに映えるアイテムを、洋の東西を問わず新しい視点で集めたライフスタイルショップです。現在、お店の販売・運営を一緒に行うスタッフを募集しているということで、お話をお聞きしました。

ゲスト

  • 大熊さん

    大熊健郎さん

    執行役員 クラスカ 統括責任者 ディレクター

  • 福島さん

    福島仁さん

    企画開発

  • 夜船さん

    夜船彩奈さん

    丸の内店スタッフ

クラスカ"らしさ"とは

セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

本日は宜しくお願いします。まずはブランドの紹介ということでコンセプトだったり大事にされているところをお聞きできますか?

大熊健郎

大熊健郎 さん

コンセプトというより大事にしている点は、日常の生活を豊かにすると言いますか日常の時間をより充実させる、より楽しむための提案ができたらいいなというところで考えています。ただ日本の伝統的ものを見せるということだけではなくて、新しい日本のいいものだったり、工芸だけどこうやって合わせるとより素敵に見えるというようなところを体感していただけるショップでありたいなと思っています。



セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

実際働いているスタッフの夜船さんからみると、どんなショップなんでしょうか?

夜船彩奈

夜船彩奈 さん

私はもともとスタッフになる前、1ユーザーとして通っていました。今でこそライフスタイルショップもたくさんありますが、当時はまだあまりなかったんです。その中でクラスカ ギャラリー&ショップ ドー(以下、ドー)は日本の工芸品ドーの世界観と調和させていて、他にはない切り口で魅力的に見せているなと思っていました。そこに憧れていましたし、ここに行けば何かいいものがあるんだろうな、という気持ちでいつも見ていました。

福島仁

福島仁 さん

僕は自分たちのショップあまり冷静に見れなくなっている部分もあるのですが(笑)ただ他のお店を見たときに感じるのは比較的仕掛けていくお店が多いなということ当たり前のことですがこの時期だからこういうキャンペーンをやろうとか、これはこれをセットで売ろうとか。ドーはそういうところが良くも悪くもあまりなくて、お店として、ブランドとして、好きなものを置いているようなイメージでしょうか。本当はもう少し仕掛けていきたいところもあるんですけど(笑)

セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

確かに、そういうお店は少し疲れちゃたりもしますよね。
現在直営店で13店舗あるとお聞きしていますが、各店舗によってカラーも異なるのでしょうか?

夜船彩奈

夜船彩奈 さん

私は以前日本橋店(コレド室町3 2F)で働いていましたが、現在は丸の内店(KITTE4F)にいます。
丸の内店でいうと、非常に賑わいあってお客さまも比較的多い店舗です。ドーの中でも一番先頭を走って売上を積み重ねてきた代表的なお店であり、ドーの顔でもあるのかなと自負しています。東京駅の近くという土地柄、地方のお客さま、観光客の方、海外の方と幅広くいらっしゃいますし、私たちのお店のことを知らずにお越しいただく方が大半です。




夜船彩奈

夜船彩奈 さん

以前いた日本橋店から異動してきた際はこんなにも違うものかと驚くこともありました。具体的な話でいうと、日本橋のお客さまは百貨店でお買い物することに慣れていらっしゃるような。自分の好きなものをわかっている方が多かった印象です。
一方で丸の内店は、先ほどもお話した通りもっと幅広いお客さまがいらっしゃいますし、買うものも自分のお部屋で使うものではなくプレゼントやお土産だったり。最初はどのお客さま層にフォーカスしてお店を作ればいいかわからなくって難しいと感じることもありました。

大熊健郎

大熊健郎 さん

あと環境や店舗が入っている商業施設の特性もありますが、例えば銀座店(EXIT MELSA B1F)外国人のお客さまの比率が一番高かったりしますね。そういった店舗では商品の選定には海外の方の目線を大事にしていたり。かなり店舗によってカラーは異なります。

セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

ちなみに海外のお客さまも多いとのことですが、心理的に辛いなと思うことはないですか?(笑)

夜船彩奈

夜船彩奈 さん

全然ないです。お店に来てくださる海外のお客さまは、ドー商品や雰囲気が好きでめがけて来てくださる方も多いですし、とても優しいのでゆっくり英語で喋ってくださいます。スタッフも全然語学力はないのですが、なんとか分かり合えるので楽しいです。