「もっと魅力的に、もっと居心地よく」ブランドを一緒に創っていく仕事

株式会社クラスカ(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)

株式会社クラスカ(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)

販売スタッフ

株式会社クラスカ(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)

株式会社クラスカ(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)

販売スタッフ

「好き」と「仕事」がつながる職場

セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

ここからは働いている方にフォーカスしたいなと思うのですが、現在働いていらっしゃる方はどんなバックボーンをお持ちの方が多いですか?

大熊健郎

大熊健郎 さん

本当に幅広いですね。元々お洋服や雑貨・インテリアの販売の経験者も多いですが、メーカー、飲食系、中には銀行員や保育士、美容師など全く違う業界出身のスタッフもいます。

夜船彩奈

夜船彩奈 さん

私は元々アパレル販売員をやっていました。その後保険の営業を経て、ドー辿り着きました

セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

僕は販売経験というものがないのですが。販売経験がなくても自然に、スムーズにいくものなんでしょうか?

大熊健郎

大熊健郎 さん

やっぱり、ドーで扱っている商品や、ドーの雰囲気が元々好きかどうかはとても大きいと思っています。

ドーで取り扱っているようなものが好きで、日常で触れていられるということに楽しさを感じてくれる。そう言った人たちが来てくれるので比較的スムーズにいっていると思います。

また、例えば本当に販売力のある方はどんな商材だって売ってしまえるのだと思いますが、ドーの場合、そういうやり方はお客様にもスタッフにも無理がかかると思っていて。

まずこういうお店である以上、仕事そのものが自分の楽しみとも繋がらないと意味がないですし、そこを楽しめる人は長く続いていると思います。

セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

なるほど。今“長く続く”というキーワードが出たのでお聞きしたいのですが、長く勤められる方の特徴のようなものって他にも何かありますか?

大熊健郎

大熊健郎 さん

ドーの場合、長く働いてくれているスタッフが結構多いんです。

ドーが出来て10年が経ちますが、当初からずっといてくれるスタッフもいますし、60歳までドーで働くと言ってくれるスタッフもいるんですよ。

傾向として、元々ドーに対して良いイメージを持っていた人は長く続いているような気がします。

「実際にお店で買い物をした際にスタッフの対応が心地よかったから」と言って面接に来てくださる方は確かに多いですね。どうかな?


福島仁

福島仁 さん

ドーでの接客体験を通じて何か伝わっているのかもしれませんね

夜船彩奈

夜船彩奈 さん

どこかしら似ているスタッフが多いと思います(笑)



セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

ちなみにスタッフさん同士で日々気づいたことを共有するには、仲のよさも重要だと思いますが、いかがですか?ギクシャクしちゃったりしません?(笑)

夜船彩奈

夜船彩奈 さん

仲が悪い店舗はないと思いますよ(笑)やっぱりみんな“ドーの商品が好き”という気持ちをベースに集まっているので、感覚がどこか似ているんです。だから自然と仲良くなりますね。

採用の時にもある程度そういった“雰囲気”のようなところは見ているのではないかと思います。

セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

なんでしょう、なんとなく“柔らかい”というような印象を受けます。

夜船彩奈

夜船彩奈 さん

本当にざっくりいうと“柔らかい”かもしれないですね。あとは穏やかな。でもたまにすごい面白い人もいたりしますし、キャラクターは色々です。

セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

僕は以前、別の会社で採用を担当していた時、最初の印象が外れた時の大変さを感じたことがあったんです。

面接慣れしている方ほど自然と上手く装っていけるのですが、いざ入社してみると、言い方は悪いのですがボロがでてしまったり。

夜船彩奈

夜船彩奈 さん

そういったことはあまりないように思います。感覚が近いので、スタッフ同士でお休みの日に遊んだりします

私は、以前いた
日本橋店のメンバーとは今でもしょっちゅう飲んでいますよ。特に私が日本橋店から異動した後は友人度合いが増しました。

福島仁

福島仁 さん

同じ店舗のスタッフだとどうしても同じ日に休めないことも多いのです、お休みの日に他の店舗に遊びに行ったり、他の店舗のスタッフと休みを合わせて出かけたりすることがある、と聞いています。いつの間にか店舗を越えて繋がっているようです。

セガワヤスマサ

セガワヤスマサ

会社として奨励している訳ではなくて、皆さん主体的にそうされているんですか?

夜船彩奈

夜船彩奈 さん

自然と、ですね。

大熊健郎

大熊健郎 さん

やっぱり日々店舗運営をしているので、スタッフ全員を集める機会はないんです。

ただ、各店での取り組みや成果を共有するために、店長や夜船のようなサブなど、同じ立場のスタッフたちを集めて、交流の場は意図的に増やすようにしています。

丸の内店店長の池島さんと夜船さん。撮影当日、偶然にも似た雰囲気の服装で“これ、制服じゃないですよ(笑)”とのこと。